葉酸|サプリメント通販専門店:ナマサプリ ナマサプリ通販専門店

サプリメント管理士がアドバイス
葉酸
 

葉酸

 

妊婦さんと赤ちゃんに必要な栄養素

ナマサプリの『葉酸』はここが違う。

1.厚生労働省が定める葉酸に注目

厚生労働省は妊婦さん・妊娠を希望している方に1日400μgの葉酸を勧めており、母子手帳にも記載されています。
葉酸は元気な赤ちゃんを産む為に妊娠を望まれている方から、妊婦さん、授乳婦さんまで必要な栄養素です。

2.葉酸を400μg配合

酵母を原料とした葉酸を400μg配合しました。食事からではなかなか摂りにくい葉酸を、しっかりと摂取でき、さらに葉酸の働きをサポートするためにビタミンB群とビタミンCも配合しています。
また、防腐剤や人工着色料など、必要のない成分は一切使用しておりませんので、妊婦さんやお腹の中の赤ちゃんにも安心してお飲み頂けます。

3.健康補助食品GMP認定工場で製造

原材料の品質管理や葉酸の製造が安全に一定の品質が保たれるようにするため健康補助食品GMP認定工場で製造しております。

その他詳しい詳細はコチラ
通常価格: 1,512 円(税込)
通常購入
定期お届け価格: 1,360 円(税込)
定期お届けコース
定期お届けコースの三大特典

>>>定期配送について詳しくはこちら!

パックで選ぶとさらにお得!
もうすぐママさんパック
女性に必須の「葉酸」と「ヘム鉄+ピロリン酸」を組み合わせました。
2商品合わせると単品でご利用頂くよりさらに5%お得になります。
仲良し夫婦パック
女性に「葉酸」と男性に「亜鉛」がオススメの組み合わせのサプリメントです。
2商品合わせると単品でご利用頂くよりさらに5%お得になります。
⇒その他、妊婦さん・ママさんにオススメのサプリメントを見る
あわせて飲みたいオススメサプリ
亜鉛
妊娠前の女性には葉酸、男性には亜鉛がお勧めです。未来の赤ちゃんのためにも夫婦そろってしっかりと栄養を摂りましょう。
ヘム鉄+ピロリン酸鉄
妊娠中は赤ちゃんと妊婦さん2人分の鉄分が必要です。特に女性はこの時期不足しがちなので摂取が大切です。
カルシウム+マグネシウム
強い子・元気な赤ちゃんの為に、吸収の良いカルシウムを補いましょう。一緒に妊婦さんも強くなります。
マルチビタミン+ダイダイ
ビタミンCは葉酸をはじめ、様々な栄養素の吸収を良くしてくれます。ビタミンは元気なカラダをつくり、妊活、出産、子育てに大きな力を与えてくれます。体内で生成できないのでサプリメントで補うことがおすすめです。
詳細説明
●原材料 デキストリン、還元麦芽糖水飴、葉酸含有酵母、結晶セルロース、ビタミンC、
ナイアシン、パントテン酸カルシウム、ステアリン酸カルシウム、ビタミンB6、 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB12
●栄養成分及び含有量 2粒当たり
◆エネルギー 1.55kcal、タンパク質 0.04g、脂質 0g、炭水化物 0.35g 、ナトリウム 0.27mg
◆葉酸 400μg、ビタミンB1 1.2mg、ビタミンB2 1.4mg、ビタミンB6 2.0mg、 ビタミンB12 2.4μg、パントテン酸 6.0mg、ナイアシン 8.0mg、ビタミンC 50.0mg
●内容量 12g(200mg×60粒)
●目安量 1日当たり2粒を目安にお召し上がり下さい。
●特徴 葉酸は厚生労働省が母子健康手帳に「葉酸の必要性」を記述するほど注目されている栄養素です。葉酸の摂取量は1日400μgとなり、ナマサプリの「葉酸」サプリメントは十分量を摂取できます。さらにビタミンB群、ビタミンCをバランス良く配合し、より妊婦さんをサポートします。
また、原材料の入荷から品質管理、製造・袋詰めまで製品が安全に一定の品質が保たれるようにするため健康補助食品GMP認定工場で製造しております。
●粒のサイズ 直径8mm 高さ3.5mm
●その他 ・開封後は、賞味期限内でも、温度・湿度により栄養成分が劣化しますので、チャックをしっかり閉じて保管し、お早めにお召し上がりください。
(保管時は冷暗所にてお願いします。)

葉酸の由来

葉酸(プテロイルグルタミン酸)は、ほうれん草の抽出物から1941年に発見された水溶性のビタミンB群の一種です。
ラテン語の「葉」を意味する「folium」と「酸」を意味する「acid」から、葉酸(Folicacid)と命名されました。

葉酸(ようさん)とは

「葉酸」は水溶性のビタミンB群の一種です。その名の通りほうれん草やケールなどの植物に多く含まれています。
葉酸には、核酸・アミノ酸の代謝に欠かせない成分が含まれます。
特に葉酸は、妊婦さんには欠かせない栄養素であり、赤ちゃんが元気に産まれてくるために、普段から摂取して頂きたいです。
ビタミンB群は葉酸を含めた8種類の総称のことを言います。
<ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、パントテン酸、ビタミンB6、ビオチン、葉酸、ビタミンB12>。
葉酸

葉酸と赤ちゃんの大切な関係

葉酸はお腹の中にいる赤ちゃんのために大切な栄養素です。
厚生労働省は、妊婦さん(妊娠を計画している女性)に対して、1日400μgの葉酸の摂取を勧めています。
妊娠期間中はもちろん、妊娠を計画した時からお飲み頂くことをオススメします。
妊婦さん(妊娠を計画している女性)に対して、1日400μgの葉酸の摂取を勧めています

母子手帳にも記載されています

「葉酸」の必要性は母子手帳にも記載されています。
厚生労働省は、2002年の母子手帳の改訂より、「葉酸」の必要性を記載するようにしました。
それにより、母子手帳を受け取り、妊娠後に葉酸を摂取し始める妊婦さんが増えてきましたが、欧米では妊婦の有無に関わらずに、将来的に妊娠の可能性がある女性に日ごろから葉酸の摂取を勧めているそうです。
また、母子手帳での記述でも、「妊娠前から妊娠初期の葉酸の摂取が重要」と加えられています。
母子手帳イメージ

葉酸の1日の摂取量

■一般成人の所要量 ・・・1日200μg
■妊婦さんの所要量 ・・・1日400μg
■授乳婦さんの所要量・・・1日280μg
■許容上限摂取量・・・1日1000μg

<葉酸が多く含まれる食品> 可食部100g当たり
妊婦さん(妊娠を計画している女性)に対して、1日400μgの葉酸の摂取を勧めています
もしほうれん草で400μgを摂取しようとすると、
生のまま約6株食べる必要があります。
栄養は食事から摂取することが大切ですが、緑黄色野菜などは、ゆでることで栄養も少なくなってしまいます。
そのため、積極的に緑黄色野菜を摂取して、足りない分をサプリメントで補いましょう。

葉酸摂取の上限量

葉酸の摂取量は1日に400μgが推奨されており、上限は1000μgとされています。
葉酸は調理の過熱などにより栄養が少なくなってしまうので、普段の食事にサプリメントをプラスしても上限量
を超えることはあまり考えられません。
しかし、多く飲んだから良いというものではありませんので、目安量を参考にお飲み下さい。

葉酸が多く摂取できる調理法&食べ方

葉酸は、水に溶け出しやすいので、ゆでるなど、加熱することによって栄養成分が少なくなってしまいます。
そのため、熱を加える場合はスープや煮込み料理などにし、汁も一緒に食べるようにしましょう。
また、肉類(レバー)などで葉酸を摂取しようとするとカロリーの摂り過ぎやビタミンAの過剰摂取になる可能性
があるので、注意が必要です。

葉酸の摂取期間

葉酸は妊娠を計画している方から妊娠中に必要な栄養素ですが、妊娠期間中以外にも必要な栄養素です。
葉酸はビタミンB群の一種であり、毎日の生活に様々な役割を果たしているので、妊娠期間以外にもお飲み頂
きたい栄養素です。
また、女性に限らず男性にも大切な栄養素です。

葉酸の日(4月3日)

4月3日は、4(よう)3(さん)の日です。
妊娠中の女性はもちろん、葉酸は貧血の予防や細胞を作るために働いてくれますので、積極的な摂取を呼び
かける日なのだそうです。

通常価格: 1,512 円(税込)
通常購入
定期お届け価格: 1,360 円(税込)
定期お届けコース
定期お届けコースの三大特典

>>>定期配送について詳しくはこちら!

List01 List_tit

あ行

亜鉛 αリポ酸+Lカルニチン ウコン(姫ウコン)

か行

コエンザイムQ10 コラーゲン+ポリフェノール

さ行

水溶性カルシウム+マグネシウム セラミド セントジョーンズワート

な行

乳酸菌+オリゴ糖

は行

ビタミンE ビタミンB ビタミンC(ローズヒップ+アセロラ) 姫ウコン プエラリア プラセンタ ブルーベリー+ルテイン プロポリス+ポーレン ヘム鉄+ピロリン酸鉄

ま行

マルチダイエット マルチビタミン マルチミネラル

や行

葉酸

ら行

ローズの香り ローズヒップ+アセロラ
Per_tit2 目的別一覧
基本サプリ 美容 シェイプアップ 女性らしさ リラックス 生活習慣 妊婦さん・ママさん